クラミジア検査を受けました。結果は陰性。でも僕は遊び人。それ故今回に限らずクラミジア検査を定期的に行いたい!そこで出会ったのがクラミジア検査キット!クラミジア検査は男のエチケットです!

クラミジア検査を定期的に行ういい男

筋肉痛などの全身症状が出たらクラミジア検査で原因を

クラミジアは日本で最も多い性感染症です。
10代から20代の若者に多く、自覚症状がほとんどないため、発見が遅れる病気です。
この病気の原因は性交渉による感染です。
症状は、男性と女性で異なります。
男性の場合、主に尿道周辺に違和感や痛みを感じます。
痛みと言っても我慢できないほどの痛みではありません。
かゆみを感じるケースもありますが、軽いものなので放置してしまうケースが多いです。
何もせずに置いておくと悪化してしまい、尿道以外の場所でも発熱などの症状が出てきます。
そして女性の場合も、軽い違和感のため自覚症状はありません。
更に、男性よりも自覚症状が乏しく、感染したまま性交渉をする危険があります。
女性の症状は、性交渉時の痛み、おりものの増加などが見られます。
こちらも軽いものなので、急いで病院に行くほどの強い症状はあらわれません。
症状が出なくとも、感染している事実は変わらないので、無自覚のまま性交渉を行うことで感染者が増加します。
また、全身にも症状が出てくる場合もあります。
倦怠感や頭痛、筋肉痛のようにインフルエンザに似た症状が出てきます。
尿道周辺の違和感とともに、このような症状を確認したら感染している可能性があります。
他の人に移さないように、クラミジア検査を行ってください。
女性は病気が進行すると、不妊の原因になる可能性があります。
子どもが欲しい場合、受けるようにしてください。
そして、検査によって感染していると判明したら、性交渉はしないようにしましょう。
性交渉を行ってしまうと、エイズなど他の感染症にもかかりやすくなります。
他の感染症も含めて検査することをおすすめします。
自分だけではなく、パートナーも感染の疑いがあるので、一緒に検査を受けるようにすると今後も安心です。

TOPへ戻る