クラミジア検査を受けました。結果は陰性。でも僕は遊び人。それ故今回に限らずクラミジア検査を定期的に行いたい!そこで出会ったのがクラミジア検査キット!クラミジア検査は男のエチケットです!

クラミジア検査を定期的に行ういい男

同性感染でクラミジア検査を受けクラビットで治す

クラミジア検査はいくつか検査方法があって、血液を少量採取して調べる方法だけでなく、男性向けには尿検査、女性はおりものの検査が一般的で、オーラルセックスをしたことがある場合には喉の粘膜も採取して調べたほうが良いです。クラミジアは粘膜に感染しやすく、感染後に自覚症状が出ない場合も多いため、症状が出なくても可能性があれば調べるべきです。同性同士で特に男性は肛門を利用することもあるため、肛門の粘膜からも採取してクラミジア検査をしておくと良いです。

陽性反応が出た時に処方される薬に、クラビットがあります。レボフロキサシンが成分であり、ジェネリック医薬品も作られています。以前はニューキノロン系の薬が処方されることが多かったのですが、肛門感染などは難治性になることが多く、ニューキノロン系では十分な成果が出ない場合もあり、抗菌力が強いクラビットが用いられるケースが増えています。

クラビットは細菌のDNA複製を防ぐ働きがあって、繁殖を防ぐことが出来て次第に体内の細菌の数を減少させていくことが出来ます。殺菌により体に症状が出ている場合も次第に治まってきて、改善が期待できるようになります。途中で飲むのをやめてしまうと体に残っていた菌が再び繁殖を初めてしまうので、徹底して治療を行う必要があります。

副作用が少ない薬ですが、クラビットを飲んだあとに下痢や吐き気、発疹などの症状がまれに出ることがあります。服用中に日焼けしてしまうと、肌が真っ赤になったり水ぶくれになってしまう人もいるので、強い日差しを避けたほうが良いです。重度の影響が出る人もいるので、異変を感じたら早めに診てもらったほうがよく、持病の疾患がある人は薬の利用に注意しましょう。

TOPへ戻る